超クリーミー泡2WAYサーバーは、超コンパクト

ザ・プレミアム・モルツのキャンペーンでもらった「超クリーミー泡2WAYサーバー」は、ヘッド部分を取り外してハンディサーバーとしても使えます。手のひらサイズの超コンパクトな泡サーバーで、アウトドアにも気軽に持っていけました。

超クリーミー泡2WAYサーバーをハンディサーバーとして使う
超クリーミー泡2WAYサーバーをハンディサーバーとして使う

 

使い方は簡単。缶ビールを開けたら、缶の飲み口とハンディサーバーの注ぎ口の向きをあわせて、カチッというまで押します。

超クリーミー泡2WAYサーバー
超クリーミー泡2WAYサーバー ハンディサーバー装着中

ビールと泡の美味しい比率 泡3:ビール7 を目指して、まずはグラスを傾け7割ほど注ぎます。この時点ではスイッチは入れません。

超クリーミー泡2WAYサーバー
注ぎはじめはグラスを傾けて

泡を注ぐ時はグラスを立てて。ここでやっとスイッチを入れます。上部のスイッチを倒すとLEDが点灯し、15秒間だけ同じ注ぎ口から泡が出てきます。

超クリーミー泡2WAYサーバー
泡を注ぐ時はグラスを立てて

 

複数のグラスに注ぐ時は、先に全てのグラスに泡なしで7割注いでおいてから、泡をまとめて注いだ方がいいと思います。15秒間たたないと泡モードが終わらないので。

 

ところで、どのくらいクリーミーな泡が出るのかというと・・・お店みたいなクリーミーさです。

隙間のある泡クリーミーな泡

左 ビール工場で教わった注ぎ方で注いだ泡
右 超クリーミー泡2WAYサーバーで注いだ泡(うっかり泡が多くなりすぎましたが)

手動では出せないクリーミーな泡、がんばってシール集めたかいがありました。
今回はamadanaとのコラボで2WAYでしたが、次回のプレゼントはどんなバージョンが出るのか楽しみです。

広告