りんごループからの脱却

りんごループ、それはiPhoneを立ち上げようと電源を入れた後

りんごが出るばかりでいっこうに立ち上がらない状態。

 

■りんごループからの脱却

8月24日木曜22時過ぎ、りんごループに陥りました。

私の長年使っているiPhone 5sが、
買い替えるタイミング逃して困っていたiPhone 5sが、
いきなりの仮死状態です。

わりと容量いっぱいめで使っているからヤバいなと思ってはいたけど
こんなにあっさり使えなくなってしまうものなんだろうかと、目を疑いました。

まず、ググりました。
「iPhone リンゴマーク 立ち上がらない」 などといった感じで。

見つかった対策は
・強制終了してみる(iPhone5sの場合は電源ボタンとホームボタンを同時に長押し)
・セーフモードで起動してみる(音量+を押しながら電源ボタン、りんごが出たら電源ボタンから手を放す)
・SIMカードを抜いて電源を入れてみる→それで立ち上がったら多分SIMカードを入れなおしても大丈夫
・iTunesにつないでバックアップから復元
などでした。

全部試して、全部だめでした・・・。
iTunesは、復元もなにも認識すらしてもらえず。
まあ、バックアップも最近ずっととってないことは自覚していたので
あまり期待はしていなかったのですが。

さてこの時点でもう日付は変わっています。
22時過ぎにりんごループ開始、
23時過ぎに会社帰りの電車で打ちひしがれて、
24時過ぎには万策尽きました。

翌日、一応全部夢だった可能性を考えて
動かないiPhoneと、
サブのAndroid(今となってはこいつがメイン)を持って出社。
ドキドキしながら電源をいれてみましたが、朝から安定のりんごループです。

自力では無理だったので、しかるべきところに端末を持ち込んで
復活するものなのか無理なのか見てもらうことにしました。
キャリアがソフトバンクで、ソフトバンクのお店が自宅の近所にあるので
そこに行こうかと思っていたら、
「絶対Apple Storeに持って行った方がいい!」と力説する同僚が。

何かもらってるのかと思うほどに
強力に薦めてくるので、Appleのサイトをまず確認。
AppleのサイトのFAQなどを一通り見て
チャットで問い合わせようと思ったら
サポート料金が3,000円かかるかもしれないらしい。
え、やだ。

同僚が「電話したほうがいい!」とまた薦めてくるので
電話しようと思ったら・・・
Appleからかけなおしてくるシステムなのですが、
私のAndroidはデータSIMだから無理・・・。

それなら一番近いお店と営業時間を調べようと思って、
フッタまで一気にスクロールしたら
そこにあったのが「お近くのApple Store」というテキストリンク。
痒い所に手が届くこの感じ。Appleすごいなその1。

渋谷よりはすいてそうな気がしたので表参道に行くことに。
21時まで営業しているとはステキ。
仕事を早く切り上げてApple Store表参道に着いたのが19時前。
ガラス張りのキレイな店内はそんなに混んでいなさそう。

入ってすぐスタッフに質問しようとしたら、別なお客さんに先こされる・・・。
しょうがない、多分地下で手続きしそうな雰囲気だったので地下に降りてみる。
地下の方がスタッフ余ってる。

声かけやすい感じで立ってたスタッフに質問。
「りんごのマークから立ち上がらないんです」
「ああ・・・」とちょっと悲しそうな顔をしたスタッフは
私の許可をとって電源を入れてみるが、やっぱり安定のりんごループ。

順番に案内するからここで待ってと
8人がけぐらいの大きなテーブルの前へ案内される。
階段降りて右手には、大きなテーブルが(記憶では)6個あって、
各テーブルにはそれぞれ3組ぐらいが座っている。
その奥は壁に向かってカウンターになっていて、そこでも話している人がいる。
すごく長時間待っているとか、大勢の人が待っている感じではない。

数分立っていたら、「お待たせしました」と
iPadを持ったスタッフに呼ばれたので、りんごループだと伝える。
予約はしていないので40分後にまた来てもらえるかと聞かれ
もちろん来ると答えて名前やメールアドレスなどを入力して受付完了。
なるほど、そのシステムだから待ってる人がいないのね。
いいよねそのシステム。病院含め全部そのシステムだったらいいのに。

40分後という微妙な時間なので
ひとまず1階で端末を見て、
もしiPhone 5sが復活しなかった場合、何を買うかを考える。
8が出るかというこのタイミングで7も微妙なので
SEかなあと思いながら端末を触っていたら、
端末がキレイで色々迷い始めたので店を出た。

待っている間に、料金プランについて調べてみた。
iPhone SEを買うことになったら、MVNOに乗り換えるつもりだったので。
ソフトバンクの料金シミュレーションで2年で20万円超のところ、
楽天モバイルに乗り換えたら、おそらく解約の違約金などの諸手数料を含めても
2年で10万以内に収まりそうだった。

その場合に困るのは、このぐらいかな。
・今のiPhoneに入っている連絡先が消える
・写真が消える
・「i.softbank.jp」宛にくるメールが受け取れなくなる

40分たったので再び地下に行ってみると
今度は別のテーブルに案内されてしばし待つ。
数分したら、マスクをした顔濃いめのスタッフ(以降りんごマスク)が爽やかに登場。

強制終了を試してみたかなど、いくつか質問をされ
ではiTunesにつないでみますとのこと。
自宅のとは違い、なんとか救済できるかもしれないすごいiTunesらしい。
つないでみたら・・・
認識した!

認識しても、立ち上がるかはまた別の話。
システムを最新の状態に書き換えて、立ち上がるという順序らしく
10~15分かかるとのこと。
その間、りんごマスクは他のお客さんの対応もしつつ
いいころ合いで戻ってくる。
iPadに何か表示でもされるんだろうか?
こちらのMacに何かメッセージが出ると
程なくして、りんごマスクが戻ってくる。

りんごマスクが3回ほど戻ってきたころ
iPhone 5sの画面でちっとも進まなかったプログレスバーに動きが!
ぐぐぐっと急に進み始めました。
そういえば、りんごマスク言ってた。
「急に進んだりするんですよね」って。

そしてついにその時がきました。
たちあがりました、瀕死のiPhone 5sが!
何をやったのか全くわかりませんでしたが、Appleすごいなその2。

 

■バッテリー膨張、それは餅のように

りんごマスクが言うには「バッテリー膨張ですね」。

画面をぷにぷに押している。
「ほら、膨らんで見えますよね」
言われてみれば膨らんでいる気もする。
「放っておくと、餅みたいにふくれますよ」
えええええ。
餅って相当膨らみますが。

バッテリー膨張になるとどうなるのかというと
餅みたいに膨れる=危ない=端末交換すべき ということで
iPhone 5sは復活はしたものの、瀕死なのでした。

この時点できちんとバックアップをとっていれば
その日のうちに端末交換までできたのですが
バックアップとってないダメな私はそれができず
自宅でバックアップをとってから出直すことに。

予約もできるけれど、予約の場合は最短で月曜の10時ということで
月~金で仕事をしている身としてはそれは無理。
するとりんごマスクがいい情報を。
「朝10時に来ていただければ、土日でも15分待ちぐらいで対応できると思います」
翌土曜の朝10時に再びApple Storeへ来ることに。
気になる費用は約9,000円とのこと。

 

■毎日がイベント?拍手で迎えられる

土曜の10時5分前に店の前に到着。
既に開店を待つ人がちらほら。
20人ぐらいかと思いきや単にそこにいただけの人もいて
待っていたのは10人ぐらいだった。

赤いTシャツの人だけがガラス扉の目の前で待っていて
他は遠巻きに開店を待つ。
店内ではスタッフが左右2手にわかれて
大きな円を作って何か話している。
朝礼?でも何やら楽しそうな感じ。

もうすぐ開店というタイミングで
キャリーバッグを持った若い女子が扉の前の警備員さんに
スマホを見せながら道を聞き始めた。
間の悪い・・・。

警備員さんとは関係なく
店内ではスタッフが指を5,4,3,2,1とカウントダウンして
10時ちょうどになったら内側から扉が開かれた。
スタッフが整列して笑顔+拍手。
新端末が出る時じゃなくても拍手なんだ・・・。知らなかった。

こっちは端末が餅になるっていうのに、拍手で迎えられる。
こっぱずかしいと思いながら、寄ってきたスタッフに
「バッテリー膨張なんですが・・・」というと
地下に行くように案内される。

地下に行くと今日は待ち時間なしで受付。
昨日バッテリー膨張と言われたといって端末を渡すと
受付のスタッフも端末をぷにぷにして、納得してくれた。
iPadのメモ欄に「バボ」って書いてた。
バッテリー膨張=バボ なのか。

昨日と同じテーブルで待つように言われ、しばし待つ。
りんごマスクではないスタッフ登場。
とてもかわいくて爽やかでショートカットが似合う女子(以降りんごショート)。
私の餅iPhoneを手際よくiPadにつなぎ、端末の診断を始める。

「バッテリー、消耗もしていますね」
りんごショートが教えてくれた。
確かにもうずっと、iPhoneの充電はすぐ切れてた。
特にスノーボードで雪山に持っていくと、
気温が低いせいで普段よりもっと消耗が激しくて、ほぼ使えない状況だった。
そうか、端末新しくなったら電池の状況も改善するのか。

りんごショートはかわいくて仕事できて
わからないけど英語話せそうで(勝手な妄想です)
そういえばAppleのスタッフって
昨日から対応してくれた人が全員前向きオーラ全開だと気づいた。
Appleすごいなその3。

端末の診断、新しい端末を出してきて不具合ないか確認
餅iPhoneのデータ消去の同意などの手続きが終わるまで
たったの10分か15分しかかからなかった。
最後に、ソフトバンクで保証に入っていたら
書類とレシートをもっていけばお金が返ってくるかもしれないと
りんごショートが教えてくれた。

Apple Storeに行って本当に良かった。
まさかこんなにもあっさりと復活するなんて。
このときはそう思っていた。

 

■バックアップのパスワードってなんでしたっけ

早く帰って復元しなきゃ!
無邪気にそう思っていた。

復元しようとしてiTunesにつないだら・・・
パスワード求められます。
入れます。
違います。
え?

別なの入れます。
違います。
ええ?

えええええ。
こころあたりのやつを何十個も入れてみました。
正確には76個。
もう心当たりがない。

そんなに試してもロックされないのもすごいけど
パスワード忘れの救済がないので
試しまくるしかない。

そもそもパスワード設定したのが2年前で
それ以来バックアップとってなくて(ひどい)
パスワードの存在忘れてて
この度パスワードつきでバックアップとって
そしてパスワードわからなくてそのデータにアクセスできません。
最悪です、私。

とりあえず、全部復元するのは諦めることにしました。
SIMの情報を読むとかいって連絡先などは残っていたのと
iTunesで今まで使っていたアプリは落としなおせたのと
メールも設定すれば普通に今迄受信していたものが読み込まれたので
致命的ではなかった、かな。
写真は全部消えましたが。
iCloudで共有していた一部を除いて。
全部確認してはいませんが
GoogleDriveでその都度共有したりしていたので
重要そうなのはどこかしらに残っている感じです。

機種変しようと思っていたわけではないので
Lineの履歴残す設定しておらず、履歴が消えました。
これはちょっと悲しい。
餅iPhone全体がダメかもって思っていたので、
個別のアプリのことまで思いが至らなかったです。

 

■最終的には断捨離に。そして教訓

容量パツパツ餅iPhoneが
写真なしのスッカスカiPhoneになりました。
断捨離したと思って割り切って
また今回みたいに急に端末が使えなくなる事態も考慮して
これからはiCloudを活用してみようと思います。

ちなみに、バッテリー膨張で端末交換する場合、
費用は「バッテリー交換」の扱いになるので
8,800円+消費税704円 合計9,504円 でした。
私はソフトバンクのあんしん保証パックプラスに入っていたので
7,480円が戻ってきます。
iPhone 5sとはいえ、2,024円で新しい端末になるのは悪くない話です。
(あんしん保証パックプラスに合計いくら払ったかは、考えないことにしました)

 

そして教訓
・バックアップはまめにとる
・iTunesでバックアップをとる場合、パスワードは忘れないように
・iCloudを活用する
・個別のアプリもいつでも機種変更やキャリア変更できるようにしておく
・MVNOに乗り換える時のために、今からキャリアのメールアドレスをGmailなどに変更していく(iPhone 5sはSIMロック解除ができないので、今すぐはMVNOに乗り換えません)
・Apple Storeすごいから行った方がいい

もともとApple製品大好きな人は
こんなこと2年以上前にとっくにやってるんですが・・・。

今回のことでAppleが好きになったので
私もちゃんとしようと思いました。

広告